ホーム > 光触媒アートフラワー > UTANE artの光触媒

光触媒アートフラワー

UTANE artの光触媒

光触媒について

光触媒は光があたると触媒作用(化学反応の速度を変えること)を発揮する物質です。作用を示す物質はいろいろありますが、酸化チタンがもっとも優れていると言われています。日本人の科学者 本多健一氏・藤嶋明氏が1967年春、水溶液中の酸化チタン電極に強い光を当てたところ、酸化チタン表面で「光触媒反応」が起きることを発見「本多・藤嶋効果」と呼ばれています。

光触媒の仕組み

触媒をFake Flowerにコーティングすることで室内に浮遊する有害物質を紫外線との光化学反応で炭酸ガスと水に分解させます。


光触媒の効果<有機物を分解できるため>
  • 1消臭脱臭、タバコやペット、アンモニアなどの悪臭の消臭効果があります。
  • 2抗菌・抗ウイルス、大腸菌等の細菌、ウイルスを分解する効果があります。
  • 3シックハウス防止、ホルムアルデヒドを分解除去する効果があります。
  • 4防汚・防カビ、カビや有機物を分解、汚れを防ぐ効果があります。


光触媒の効果持続時間

触媒は劣化しません。そのため効果は半永久的に持続すると言われております。



光触媒の他の利用例

ガラス・ミラー(防曇)・外壁・タイル(防汚)・空気洗浄機・カーテン(ガス分解)・繊維・塗装・タイル(抗菌)・水処理装置(水浄化)

UTANE artの光触媒

01ハイクオリティー素材

胡蝶蘭・シンジビューム・オンシジューム・アマリリス・バンダ・カトレア。
現在Fake素材として最高の評価を受けた「本物そっくり」なハイクオリティー素材を使用しています。もちろん蕾一つ一つまでも手作業で丁寧にお造りしておりますので、今までのアート素材では表現が難しかった、光で表情を変える花びらを実現することができました。どうぞご堪能下さい。



02光触媒ダブルコーティング

今話題になっている光触媒の効能は各方面から注目されておりますが、弊社の光触媒は主成分のスーパープロテクトAT(アミノ酸)をコーティングしております。これにより光のないところでも光触媒効果を得られるようになりました。 又、アトムチタンリキッド(酸化チタン)を使う事でFake Flower本来に汚れや埃を付きにくくしておりますのでいつでも奇麗な花を楽しむ事が可能です。


【スーパープロテクトATの効果】
  1. 高い安全性

    大豆などの穀物から抽出したアミノ酸が主成分なので安全

  2. 強い消臭力

    ホルムアルデヒド・アセトアルデヒド・トルエン・キシレンなどの有害成分を分解除去

  3. 抗菌対象が広い

    O-157や黄色ブドウ球菌・サルモネラ菌・大腸菌・レジオネラ菌など抗菌の対象が多岐にわたる

  4. 無色透明

    安全に、幅広い用途に対応


【アトムチタンリキッドの効果】
  1. ホルムアルデヒド分解

    シックハウス症候群の原因となるホルムアルデヒドを分解

  2. 消臭

    タバコの悪臭やキッチンの生ゴミ臭、トイレのアンモニア臭など生活臭を分解除去して消臭

  3. 抗菌

    雑菌(O-157や黄色ブドウ球菌)やウイルス、カビの発生を防ぐ



03デザイン

光触媒効果を完璧にするために弊社は車両コンテナの中にFAKE素材を入れ、液を20分間噴霧して素材に充分染み込ませた後100分間自然乾燥させたものを使用しています。ほぼ半永久的に「光触媒効果」を得るためのUTANE artのこだわりのひとつです。